HOME > 商品紹介 > 周辺システム > 勤怠管理システム > システム説明

 

商品紹介

勤怠管理システム   

 

● 勤怠明細処理

 

  • 入力方法は、(1)手入力(2)配達くんの運転日報データの取り込み(3)勤怠予定カレンダーの取り込みの3種類のデータ入力が可能です。
    また、オプションでデジタコデータの取り込みも可能です。
  • 取り込んだ後のデータはいつでも修正できます。
  • 社員ごとに勤務予定を設定し勤怠情報の入力をサポートするデータを作成します。

勤怠明細処理画面 拡大図

 

  • あらかじめ所定休日や有給休暇等を設定できます。

勤怠予定カレンダー 拡大図

 

●勤怠管理

 

  • 勤怠状況を画面に表示します。
  • 改善基準告示や働き方改革関連法を元に判定します。

    【拘束判定】
    月末では月間拘束時間の基準をクリアしているかを一目で確認。
    月半ば(判定日指定)では同じペースで拘束し続けた場合に月間拘束時間に対しての差時間を表示。

    【拘束上限】
    月半ば(判定日指定)に残りの稼働日数を1日平均あたり何時間の拘束で基準をクリアできるか確認。

    【60h超過】
    月60時間超の残業時間を確認。※割増賃金率が50%UP(中小企業2023年4月施行)。

    【80h平均】
    月の残業時間が2〜6カ月の平均でいずれも80時間以内を確認。※一般職のみで運転者は規制なし。

勤怠照会画面 拡大図

  • 出勤簿の作成や月間/年間の勤怠管理表を作成します。

出勤簿 拡大図


勤怠管理表 拡大図


年間勤怠管理表 拡大図

 

● 有給休暇管理

 

  • 有給取得や計画取得の情報を入力します。

有休明細処理 拡大図

 

  • 有休管理簿を出力します。

有休管理簿 拡大図